(千葉・外房)

菅沼建築設計

 

〒299-4341

千葉県長生郡長生村宮成3400-12

tel/fax:0475-32-4636

 

 ※新規のお問い合わせはメール

  でお願い致します。



◆ お問い合わせはこちら ◆ 

suganumakenchiku@gmail.com

 


 

 

 

 

 

 

 

  

・・・・・・・・・・・・・・

介護・高齢者向け改修工事

手すりの取り付け・床の段差の解消・便器の交換・建具の交換・・・様々な問題を解決します。

工事事例→介護改修工事

 

 

 

 

 

2015年

4月

09日

東金・T邸改修工事・3

施主による漆喰塗りの記録。

漆喰は壁塗りのDIY素材として優れたものだ。

比較的安価に手に入り、硬化速度が遅く保存が利き、下地の不陸を拾い難いというのが理由である。

 

壁塗りが初めての人でも、始めてしまえばすぐに慣れる。

プロのような平滑な平面は最初から望まず、自分なりの均一なムラで仕上れば良い印象になる。

漆喰の白は鮮やかな感じがあり、仕上がった部屋は明るい印象になっている。(菅沼)

 

 

 

 

0 コメント

2015年

4月

08日

東金・T邸改修工事・2

リノベーションにおける施主自らの塗装工事の様子。

和室を解体した後の柱の貫穴はそのまま残している。

下手に隠さない方がいいと思えるように、私自身も変化したようだ。

さらに、長押の端部もそのまま見せてよかったのかもしれない。

 

和室真壁の柱の塗装前に、仕上サンダーで下地調整をしている施主と友人のDIY連合。

この友人は塗装職人で、施主にとって強力な助っ人だ。


塗装は左官やクロス張りの前に行うのが良い。

養生の手間が省けるからだ。


筋違いも研磨すれば化粧材になる。(菅沼)





0 コメント

2015年

2月

27日

東金・T邸改修工事・1

先日、作業が完了した東金・T邸改修工事の現場記録。


beforeとafterが劇的に違うので、ここでは写真を並べてみることにした。

以下の写真は、左がbefore、右がafterとなる。

メインの部屋、LDKの様子。

畳敷きの茶の間をLDKにつなげ、広大な一室空間にしたいという要望は多い。

間仕切の柱と筋違いが見えてくるが、このように面材を取り去ればつながりが生まれる。


和室に向かって角度を変えて見た写真。

視線の抜け具合がかなり変わったのが分かる。

下がり壁が無くなったことも随分と印象を変える要因だ。


対面キッチンをやめて、I型のシンプルなキッチンとした。

動線的にも抜けが良くなった。


和室側から見た様子。

印象が全く違う部屋になった。


2階の部屋。

物入れを取り去って、床を張り替えた。

廻り縁や幅木の存在感を消すと、部屋の縁取りが無くなって広がりを感じる。


水周りの通路の位置を変更して、洗面台を反対側に設置した。

浴室もUB化し、ドアの位置を反対側に変更した。

勝手口やその他の壁の位置から総合的に判断した結果である。(菅沼)





0 コメント