(千葉・外房)

㈱ 菅沼建築設計

 

〒299-4341

千葉県長生郡長生村宮成3400-12

tel/fax:0475-32-4636

 

 ※新規のお問い合わせはメール

  でお願い致します。

 

 

◆ お問い合わせはこちら ◆ 

suganumakenchiku@gmail.com

 

 

 

  

 

 

 

 

勝浦の家・床張り

石膏ボード張りが粗方終わり、床張りが行なわれている勝浦の家の様子。

 

床から仕上げていくのが普通の工程であろう。

ここでは杉板を床材に使用しているため、床の上で極力作業をしないように、木工事の後半に床を張っている。

理由はもちろん、杉は柔らかい材料だからである。

 

床見切りが無く、部屋から廊下へ、そして隣の部屋へとつながっていくフローリング張りには、実は難しい問題がある。

二部屋を同時に張り始めて廊下で1枚のフローリングに一致するかと言うと、これは極めて難しいと言わざるを得ない。

廊下から部屋へ、実が逆向きに張ることになる場合、やとい実でフローリングの向きを換えてしまえば、隣の部屋も通常の実の向きでフローリングを張り進めることが出来る。(菅沼)