(千葉・外房)

㈱ 菅沼建築設計

 

〒299-4341

千葉県長生郡長生村宮成3400-12

tel/fax:0475-32-4636

 

 ※新規のお問い合わせはメール

  でお願い致します。

 

 

◆ お問い合わせはこちら ◆ 

suganumakenchiku@gmail.com

 

 

 

  

 

 

 

 

屋根断熱材

この家では、屋根断熱材には厚さ200mmの羊毛を選択している。

羊毛は水分を含んでも溜め込む性質が少ないため、外側の通気層が確保されていれば結露しても水分が排出され易い。その性質により、外壁では防湿層が不要なほどである。

認定によれば、天井に関しては防湿層が必要となり、この後にデュポン社製「ザバーン」を施工する。

 

勾配天井の板が張られた様子。

杉の相ジャクリ板を38mmフロアネイルで留め付けている。

ここで、火打ち梁がある場合には付近の納まりが難しくなる。

この家では火打ち梁のある三尺幅の部分を水平天井として、天井板との絡みを逃げている。(菅沼)