(千葉・外房)

菅沼建築設計

 

〒299-4341

千葉県長生郡長生村宮成3400-12

tel/fax:0475-32-4636

 

 ※新規のお問い合わせはメール

  でお願い致します。



◆ お問い合わせはこちら ◆ 

suganumakenchiku@gmail.com

 


 

 

 

 

 

 

 

  

・・・・・・・・・・・・・・

介護・高齢者向け改修工事

手すりの取り付け・床の段差の解消・便器の交換・建具の交換・・・様々な問題を解決します。

工事事例→介護改修工事

 

 

 

 

 

DIY(天井塗装)の方法・2

(長者の家)

天井を塗装するときに、天井にある設備をどうすればいいのか。

外せる物は外してしまうというのが正解だろう。

養生の手間が省けるし、外した物の掃除も楽である。

 

これは天井に付いている代表的な設備である「ダウンライト」と「天井換気扇」の枠の外し方の記録。

ネジの頭などが見当たらない枠は、スプリングによって天井に留まっている。

爪を枠に引っ掛けて下へ引っ張ると、ズルズルと笠が抜けてくる。

止まるまで引っ張り、最後にスプリングをつまんで外す。

 

天井に残っている本体の中を見ると、上下に移動する金具が2つ見える。

これを上にスライドさせると、本体が下へ抜けるのを防いでいる引っ掛かりが取れて、本体も下へ外すことが可能になる。

 

塗装が完了したら、逆の手順で元に戻す。

 

 

この天井換気扇の枠もダウンライトの枠と同じ構造である。

同様の作業で外すことが出来る。

下へ引っ張るときに、枠が天井にくっついて外しにくい場合は、インテリアバールなどで少しこじると動くようになる。

 

こうした作業をする場合は、十分な高さのある脚立を準備しなければならない。

脚立は最上段に立ってはならない。(菅沼)