(千葉・外房)

菅沼建築設計

 

〒299-4341

千葉県長生郡長生村宮成3400-12

tel/fax:0475-32-4636

 

 ※新規のお問い合わせはメール

  でお願い致します。



◆ お問い合わせはこちら ◆ 

suganumakenchiku@gmail.com

 


 

 

 

 

 

 

 

  

・・・・・・・・・・・・・・

介護・高齢者向け改修工事

手すりの取り付け・床の段差の解消・便器の交換・建具の交換・・・様々な問題を解決します。

工事事例→介護改修工事

 

 

 

 

 

太陽光発電設備の設置・4

太陽電池パネルで作られた直流電流は、どうやって電力会社へ売るのか。

これは私の家の玄関脇にある納戸の壁の様子。

12kWで全量買取の契約である。

4kWごとに接続箱・パワコン・ブレーカーが1台ずつ付き、最後に100Aのブレーカーで1本になる。

 

これは接続箱。

4kWごとに1つで、内部にある3つのブレーカーの内の2つを使用している。

今の季節でここには 103V/枚×3枚直列≒310V 程度の直流電流が2回路分流れ込んでくる。

接続箱から出ていくときには2本のケーブルになっている。

 

左写真はパワコン。3台あり接続箱からそれぞれ直流電流が流れ込む。

合計で最大 4kW/台×3台=12kW の交流電流にここで変換される。

 

右は30Aのブレーカー3個と100Aのブレーカー1個の様子。

白い箱はモニターで、クランプ式電流計測器で発電量を可視化する。

 

100Aのブレーカーから出たケーブルは外壁を貫通して外に出て、計量器を通って電柱の電線につながれる。(菅沼)