(千葉・外房)

㈱ 菅沼建築設計

 

〒299-4341

千葉県長生郡長生村宮成3400-12

tel/fax:0475-32-4636

 

 ※新規のお問い合わせはメール

  でお願い致します。

 

 

◆ お問い合わせはこちら ◆ 

suganumakenchiku@gmail.com

 

 

 

  

 

 

 

 

〔DIY〕箱の作り方・2

次に、図面で検討した通りの寸法を「墨付け」する。

これは正確にやらなくてはならない。

そしてその墨線を半分だけ残すつもりで切断する。

 

切断した材料は糸面を取り、切断面のバリをサンディングペーパーで落として、組み立ての準備は完了である。

かんなで仕上げるかどうかは、求める全体の完成度の中で判断する。

 

組立工程に入る。

材料の端部近くでは、ビスをそのまま打ち込むと割れる可能性がある。

ビスの太さに適した直径のドリル刃で下穴を開ける。

ここで使用しているビスは、ステンレス製の細軸フレキビスである。

ビスの頭を隠していないので細軸がいいのだが、材料が柔らかいのでフレキである必要はない。

 

縦材は内側からビスで留めている。

ビスの頭は隠せるなら隠したい。

箱の内側から留めるので、ビットは最短の物を使っている。

端部をきっちりと平らになるように押えながら組立てる。

右写真が完成の様子。(菅沼)