(千葉・外房)

菅沼建築設計

 

〒299-4341

千葉県長生郡長生村宮成3400-12

tel/fax:0475-32-4636

 

 ※新規のお問い合わせはメール

  でお願い致します。



◆ お問い合わせはこちら ◆ 

suganumakenchiku@gmail.com

 


 

 

 

 

 

 

 

  

・・・・・・・・・・・・・・

介護・高齢者向け改修工事

手すりの取り付け・床の段差の解消・便器の交換・建具の交換・・・様々な問題を解決します。

工事事例→介護改修工事

 

 

 

 

 

グラインダ特別教育

当事務所が加入している千葉土建組合が主催した「グラインダ特別教育」に参加した。

これがその告知パンフレット。

前回の丸のこ講習に続いての受講だが、半日で終わる丸のこ講習と違い、一日の講習となる。

丸のこ講習は「平成22年7月14日付け基安発0714号」に基づく「安全衛生教育」という位置付けであるのに対して、グラインダ講習は「労働安全衛生規則第39条」によって定められた「特別教育」という位置付けであり、グラインダ作業は「危険または有害な業務」とされている。

 

39種類ある特別教育の中で、グラインダは1番目に制定されている。

現場での災害が多く、教育の必要性があると最初に認識されたのだ。

 

これがテキストの表紙。

 

・砥石の最高使用周速度を必ず守る

・決められた使用面以外の使用禁止(側面使用の禁止)

・ディスクのラベルの読み方

・1分間、3分間の試運転

 

など、新しい知識が得られた。

 

砥石は砥粒・結合剤・気孔によって構成されており、金属製の丸のこ刃と違って回転中に破裂する可能性がある。

そのため、破損に備えてグラインダには砥石の覆いがある。

砥石の破片が頭部に刺されば、死亡する可能性がある。

丸のこは3000~5000rpmだが、グラインダは9000~12000rpmである。

刃を損傷するような取り扱いは厳禁である。

 

実は私は特別教育を受ける前からグラインダを使用してきた。

皮手袋と保護めがねは必ず使用してきたが、砥石の側面使用を行っていたことを反省しなければならない。

 

講習の最後の実技はこのように行われる。

指差しによるこのような安全確認は、面倒がらずに習慣化すべき内容である。

事故で失った健康は二度と元に戻らないかもしれないからだ。(菅沼)