(千葉・外房)

菅沼建築設計

 

〒299-4341

千葉県長生郡長生村宮成3400-12

tel/fax:0475-32-4636

 

 ※新規のお問い合わせはメール

  でお願い致します。



◆ お問い合わせはこちら ◆ 

suganumakenchiku@gmail.com

 


 

 

 

 

 

 

 

  

・・・・・・・・・・・・・・

介護・高齢者向け改修工事

手すりの取り付け・床の段差の解消・便器の交換・建具の交換・・・様々な問題を解決します。

工事事例→介護改修工事

 

 

 

 

 

板張り外壁のシーリング

板張り外壁のシーリングが完了した。

アルミサッシのダークブラウンより塗装した板は若干赤味があるが、シーリング剤はサッシに合わせて既製品のダークブラウン色とした。

色を調合したものは、補修時に同じ色合いを出すのに苦労することが予想される。

また、板は紫外線でいずれは変色する。

 

これがシーリングのセット。

2成分型変性シリコン系シーリング剤、横浜ゴムのハマタイト・スーパーⅡである。

 

最初に塗布するプライマーNo.18。

主剤の接着性を向上させるのが目的である。

 

マスキングの様子。

この状態でまずプライマーを塗布しておき、主剤の準備に取り掛かる。

 

これが主剤。

 

2成分型の一つ、硬化剤。

これを主剤に入れることで硬化が始まる。

 

ダークブラウン色にするための着色剤。

 

硬化剤と着色剤が主剤に投入された。

 

攪拌機で練り混ぜられている様子。

今日は日中でも寒く、粘度が高い感じだった。

 

外壁出隅部のマスキングの様子。

 

シーリング剤を打ち終わって、マスキングテープをはがしたところ。

 

サッシ横も同様にシールしているが、サッシの下端は水抜きのためにシールは施していない。(菅沼)