(千葉・外房)

菅沼建築設計

 

〒299-4341

千葉県長生郡長生村宮成3400-12

tel/fax:0475-32-4636

 

 ※新規のお問い合わせはメール

  でお願い致します。



◆ お問い合わせはこちら ◆ 

suganumakenchiku@gmail.com

 


 

 

 

 

 

 

 

  

・・・・・・・・・・・・・・

介護・高齢者向け改修工事

手すりの取り付け・床の段差の解消・便器の交換・建具の交換・・・様々な問題を解決します。

工事事例→介護改修工事

 

 

 

 

 

ALCの水切り

鉄骨造ALC外壁の雨漏り補修の記録。

 

この事務所の窓上から雨が漏るという相談を受けた。

シーリングの補修をおこなっても数年でまた漏り始めるということで、他に何か方法はないかと考えた結果、水切り板金をサッシの上のALCに差し込むことになった.

 

水切りはこのような形に折られた。

右側が溝の中に差し込まれる。

 

墨を打ち、まずは丸ノコで切り込みを入れる。

次にタガネで溝を掘る。これが一番大変な作業である。

 

溝がつながった。

ALCの継ぎ目のシーリングが見えた。

通常のシーリングは幅と厚みが同じくらいだと思っていたが、このような打ち方があるのだろうか。非常に薄いこのシールは、どうやって施工したのだろうか。

 

水切りを短いビスでALCの溝に固定し、シーリング材で溝を埋めた。

 

アルミサッシの上の被せられた水切り板金は、サッシと一体化して目立たない。

その後に雨が数回降ったが、この部分からの雨漏りはないという報告を受けた。

 

鉄骨造の建物に張られたALC版は、おそらくかなり動いているのだろう。

パラペットの板金笠木も怪しい。

どこから水が挿しているのかは、まだ確信が持てない。(菅沼)